自己紹介は難しい

はてなのトップページを見ていたら、週間はてなで自己紹介の特集があった。

自己紹介できるなんてすごいな、と子供のようなことを思った。

 

私は自己紹介が大の苦手である。
高校生のころ、スピーチの本を読んで自己紹介のコツ的なものを記憶した覚えはあるのだが、それにしても下手である。
そもそも、そんな本を読んでいる時点でかなりの苦手意識がある。
私の記憶が正しければ(正しいことの方が少ない)、すみからすみまで読んだその本は、わざわざ近くの図書館で借りたような気がしている。
そのくらい、苦手に思っている。

だいたい、自己紹介なんてものはあてにならない。自分で自分のことを見ると、どうしても歪んだ評価になるに決まっている。そうではない人もいるだろうが、私はそうだ。
歪んだ評価ではなく客観的な評価を入れようと思うとどうしても数字の話になる。身長が何センチで靴のサイズが何センチ。
そんなのを聞いて何が面白いというのだろう。
そりゃ背が高ければそこから話をつなげたりできそうなものだが、見ればわかることなので、口に出して言うほどのことでもない気がする。

かといって、趣味を言うのも難しい。その場にいる人が全く知らないような趣味を口にするのもひけらかしているようで憚られるし、かといってその場にいる人が好きそうなものを趣味というのもおもねっているようなところがある。

世の半分くらいの人がそこそこ知っていて反社会的ではなく、そこそこ素敵な趣味となると、なかなか見当たらない。
と、そこまで考えたところで面倒になり、出身地と「趣味は読書です」などと奥歯にものの挟まったような物言いになってしまう。

そのあとに他人の「嫌味ではないほどオシャレではなく、さらっと笑いを取るような素敵な自己紹介」などがあると悲惨である。
惨めに下を向き、このコミュニティでやっていけるのかと暗澹たる思いに包まれる。

と、いう自己紹介の歴史を経て「もうどうでもいいや」とどんどん開き直ってくる。名前と、「よろしくおねがいします」だけ言えばいいかと思ってくる。
無愛想な人と思われてもいいや、と思ってしまっていた。

と、開きなおっていたら、先日はっとすることがあった。
マツコ会議」を見ていた時のことである。この番組、見ながら録画するくらい好きなのだが、「タカラジェンヌ」を目指す少女たちの取材の回がとてもよかった。
面接でする、自己紹介の練習なのだが少女たちははっきりくっきり名前と学校名、そして何回めの受験かを区切って言うのだ。
これだ、と思った。
「腹痛、155、60オーバー、はじめて」である。
と、ここまで考えて、やっぱり数字を言ってるじゃないかと気づいた。一周戻ってスタート地点である。

自己紹介下手脱却への道は、遠そうだ。
誰か上手な自己紹介の仕方を教えてください。

 

 

 

 

 

 

人生で初めて兄に手紙を書いた

さきほど、人生で初めて兄に手紙を書いた。

といっても内容は同封したNintendoSwitchについてであったり、歯医者代は高いからこまめに歯の点検に行くようにだったりだとかの他愛もないものである。
多分兄も「なんだこりゃ」と思うだろうし、手紙を入れながら私も「なんだこりゃ」と思った。


だが、基本的に私は兄に対してなんだこりゃ、と思われるような妹であるので別にいいかと思い、そのまま宅配便に出した。

 

兄とは、一年のうちの九ヶ月を一歳違いで過ごし、あとの三ヶ月を二歳違いで過ごす。なんのことはない。

兄が迷惑にも正月の三が日に生まれ、私は九月に生まれた。それだけのことである。
小学生のころ、兄のことは嫌いであった。正確に言うのであれば、兄に付属する様々なものが嫌いであった。
分けなければならないおやつ(しかもだいたい兄が多めにとる)、先に享受されるたのしいイベント、そして兄が一月生まれであるがゆえに不平等だと言って親に禁じられた誕生日会。


子供のころの私は年相応にわがままで鈍感で、嫌な人間だった。
だからこそ、そういったものを嫌ったし、今でもある程度恨みに思うことがある。

 

大学生になって、私と兄の関係はそれなりに改善した。何のことはない、兄が遠方に住むことになり、たまにしか会えないようになったからである。顔を合わさなければ喧嘩する理由が減る。
さらに言えば、その頃私は大学生にしてはそこそこバイトで稼いでおり、金銭的に余裕があった。金持ちは喧嘩しない、ではないが心にある程度余裕があったのだ。人間なんてそんなものである。いや、これは主語が大きいか。私なんて、そんなものです。

 

私はそれから、色々あって成人してからの家出をし、それからなんとなく一人暮らしを始めた。当時兄はそのことを「まぁせやろな」と肯定するでもなく、否定するでもなかった。
私が実家に適合できていないのを察していたのだろうと思う。

兄は一年に二回ほど、私の家に酒を送りつける。
兄の住まう、遠い北の国の酒。
それを落ち掛けた日に透かしてみる。
と、子供のころに実家の廊下に寝転がった私が見た、やるせない淡い夕日に似ているような気がした。

 

 

巌窟王と人生初IKEAに行ってきた

前提

これは痛々しいオタクがエイプリル・フール限定公開されたFate/GOアプリ

『Fate/Grand Order Gutentag Omen』公式サイト

を使って人生初のIKEA巌窟王と楽しむという記事です。

おおよそ妄想と脳内の会話で成り立っています。

行ったのは大阪鶴浜のIKEA

 

出立

大阪梅田のバス乗り場から出発。

IKEA 鶴浜 | イベント&キャンペーン - IKEA

このバスを利用すると、500円割引(千円以上の買い物で)のチケットがもらえます。バスの運賃は片道210円なので、往復で80円お得になる計算になります。

f:id:teaeast:20170401204810j:plain

バスの中で早くも巌窟王が不満げ。

梅田から大正にかけて運行していて、大阪市内の観光にもなります。

巌窟王とのんびり外を眺めます。

 

到着

バスに揺られること45分ほど。

大きな青い建物が見えてきます。

中に入ると、セール中の椅子がお出迎え。その上に乗って少しご機嫌な巌窟王

f:id:teaeast:20170401204954j:plain

さーて買い物するぞう、と黄色い袋を店員さんから受け取ります。

この黄色い袋がスーパーでのカゴの役割を果たします。レジでお金を払ったら青い袋に〜というシステムらしい。わかりやすくていい。

土曜ということもあり、子供づれで賑わっていました。

ショールームを見学

まずは二階のショールームを見学することに。

新学期が近いということもあり、新学期特集で机が多かった印象。

巌窟王は興味深そうにいろんなお部屋を歩きまわっていました。

f:id:teaeast:20170401205403j:plain

キッチン使いやすそうだなとかそういう話をしました。

f:id:teaeast:20170401205502j:plain

ベッドの上でご機嫌な巌窟王

f:id:teaeast:20170401205552j:plain

ぬいぐるみを買おうとしたら怒られました。

「これは…本当に必要か?」

f:id:teaeast:20170401205818j:plain

家具のゾーン。巌窟王は机が欲しいとのことですが、予算的にもスペース的にも厳しいので諦めてもらいました。ごめんねえどもん。

 

夕食

色々回ってるとお腹が空いてきたので建物内のレストランへ。

f:id:teaeast:20170401210030j:plain

サーモンマリネがお安い!巌窟王と相談した結果、とりあえず初IKEAだし北欧っぽいものを食べようということで一致。

f:id:teaeast:20170401210132j:plain

ドリンクバー120円

サーモンラップサンド299円

サラダ239円

プレーンソーセージ120円

-------------------------------------------

しめて、    778円でした。

ドリンクバーはあったかいのも冷たいのもあり、お得。

ラズベリーソーダなど少し珍しいものもあり、満足度は高いです。

えどもんもまんぞくげ。

 

お会計

f:id:teaeast:20170401210359j:plain

お会計はレーンの上に品物を置いていく方式。

間違って巌窟王が載っちゃったのであわてておろしました。

写真は巌窟王がレーンに載ってしまった決定的瞬間w

戦利品

f:id:teaeast:20170401204752j:plain

色々と買いました。しめて1843円。チケットでお安くなり、1343円になりました。

歩き回ったので巌窟王はお疲れモード。

 

えどもんとの別れ。。。。

実は巌窟王は今日限定の現界。

ちょっとうるっときてしまった私にいつもどおりの表情で「さらばだ」と言う巌窟王

f:id:teaeast:20170401204750j:plain

また来年会おうね、巌窟王

 

まとめ

IKEAめっちゃ楽しかったです。

一人で行ったんですが、友人と妄想トークしながらくるのもいいかもしれません。

インテリアの実例がたくさんあって写真も撮れるので資料にもいいかも。(ほかの方の迷惑にならないように気をつけてくださいね!)

レストランも種類が豊富で大満足です!

 

ジェルネイルの話

こんにちは、ブスです。

どれくらいブスなのかというと、牛丼屋で相席した男性のテンションが一気に下がるくらいのブスです。中学のときに憧れのあの子が鼻くそほじってた並みのテンションの下がり方です。

 

そんな自他共に認めるブスなんですが、ネイルだけは欠かさずやっています。

今回のお話はそんなブスがネイルをやる理由と「ネイルいいよ!やろうよ!!」って話です。

 

めんどくない

人生の物事を大体めんどいかめんどくないかでジャッジしている私にとって、この基準はとても大事です。

ジェルネイルは本当に、めんどくない。月に一回ネイルサロンに行ってうだうだ言いながらネイリストさんに綺麗にしてもらうだけです。

料理の際に剥がれる心配もほとんどないので、(長さを足して長くしない限りは)日常生活の邪魔にもなりません。キーボードもリーチが長くなり、打ちやすくなります。

ただ、キーボードに関しては一長一短で、キーボードの文字がめっちゃ削れていきます。今わたしが会社で使っているキーボードはすでにNが消滅しています。

AとSもそろそろやばいです。

 

元気になる

毎日、仕事するときにつめを見るじゃないですか。

そしたら爪も見えるじゃないですか。そのときに爪が綺麗だとテンションが上がります。まぁ今日もいきてていいんじゃないかな、と思えます。

あと、お店とかで店員のお姉さんに褒めてもらえたりします。

お店のお姉さんは商売で褒めてくれているのだと思いますが、それでも悪い気分にはなりません。とっても嬉しい。

褒めてもらえると、買い物に行くのが楽しくなります。出不精な人間にはここもプラスです。

 

維持費が安い

今私が通っているネイルサロンは早くて安くてうまくてそして一回(オフあり二本アート付き)四千円前後です。

もし自宅で自分でマニキュアを塗っていると考えたら、週一回塗り直しとして三十分*4回で、百二十分かかります。東京都の最低賃金が932円として考えたら、大体二千円くらい消費している計算になります。さらに、マニキュアや除光液、エメリボードなどを揃えると考えると三千円くらいはかかります。

と、考えるとそれに千円プラスするだけで爪を綺麗に保ててプラス、ネイル中ネイリストさんに愚痴も聞いてもらえるネイルサロンでやる方がよくありませんか?

ネイルサロンで削ってもらえるので爪を自分で切らなくてもいいんですよ。

 

終わりに

というわけで、ネイルサロンに行ってジェルネイルするとめっちゃ楽しいのでやってます。皆さんもジェルネイルしましょう〜。

もうやってるわい!って方はぜひツイッターのオープン垢でどんな爪にしているか垂れ流しにしてください。

毎月どんなネイルにするか悩みまくってるので、参考にさせてもらいます!

f:id:teaeast:20170304165356j:plain

最後に、先月の私の爪。ちょっと伸びてきてしまっていますが。。。。

ピンクのラメグラに白梅。

 

 

 

謎OL、ブログ始めるってよ

と、いうわけでブログを始めることにしました。

 

大きな理由としては二つあります。

 

mac book proを購入した

人生初macということで、せっかくなので色々書いて残して行けたら面白いかなーと思ったのです。高い買い物を思い切ってしたので内心震えてるのですが、面白いことに使えればなーという感じ。

 

記憶が薄くなってきた

最近、やけに記憶が薄れていっていると感じていて、少しでも書き留めれればという思いがあります。本当に記憶が薄くて怖くなります。

 

 

と、いう感じではじめていこうと思います。